国産と外国産ではどちらのフードが良いのか

出典「モグワンの口コミがわかる!知っておきたい6つの評判

キャットフードを選ぶ時に国産と外国産の2種類があり、どちらにすればいいか迷うこともあると思います。どちらにもメリット・デメリットがあり、最終的には猫が食べてくれるかどうかが基準になるでしょう。

国産のメリットはやはり日本の猫にあった栄養バランスであることに加えて、価格・トラブル対応などで優れている点です。賞味期限や品質に関して心配する必要もありません。余計な心配が無いというのは非常に心強いですね。

国産フードは価格も抑えられるのも嬉しい点です。外国産のフードはどうしても国外から輸入それもヨーロッパから輸入するものが多いです。そのため、輸送費用などがフードの価格に上乗せされます。

日常的に購入するものですから価格はやはり気になりますよね。外国産に比べれば国産のほうが安い傾向にあります。

一方で外国産のメリットといえば、成分表示や生産規格が日本以上にしっかりしているため品質がかなり高いです。品質をより重視する場合は国内産よりも外国産のほうが厳格に決められているため質が高い傾向にあります。

国産にはない豊富なレシピも魅力の一つです。グルテンフリーやオーガニックのキャットフードなども発売されており、日本よりもキャットフードの考え方も進んでいます。

普段は国内産のフードでたまに外国産を取り入れてみたり、品質を厳格にこだわる場合やアレルギー体質を持っている猫の場合は外国産のフードがいいかもしれません。何種類か試してみて猫の食いつきがどうかで最終的には決定すると確実です。